株式会社 四つ葉

秋の野菜・果物

二十世紀梨

和ナシの王様といわれる二十世紀梨。二十世紀梨の特徴は、みずみずしい果汁と軽やかな甘み、そして適度に味を引き締める酸味のバランスがよく、さっぱりと後をひかない切れのよい味です。弊社がお勧めする産地は、山口県下関市豊田町産です。

また、二十世紀梨は球形で形が整い、表面に光沢があります。
それゆえ、「水晶梨」「果物の芸術品」などと言われています。

産地
山口県下関市豊田町
品種
落葉果樹
保存方法

水分が蒸発するとカサカサになるので、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。

新鮮で保存状態がよければ7~10日ほどは日持ちしますが、日本の梨は基本的に追熟しないのでなるべく早く食べましょう。

食べ方

二十世紀梨の食べ頃は3通りあります。

  1. 鮮やかな緑色のころ、ほどよい酸味と甘さの調和をお楽しみいただけます。
  2. 少し黄色味が増したころ、熟度も甘味もほどよく、上品な味がお楽しみいただけます。
  3. 全体が淡黄色になると、果肉は少し柔らかくなりますが、熟度、甘さは最高になります。

このころが一番おいしいといわれる方も少なくありません。