株式会社 四つ葉

秋の野菜・果物

ラ・フランス

ラ・フランスは果物の女王とも呼ばれ、秋の高級果実として大変人気があります。

中でも、上山市は県内でトップクラスの品質を誇るラ・フランス産地です。

糖度15度前後という極上の甘さと、トロ~ッとしたなめらかな舌触り、独特の芳香が美味です。

枝をぶどう棚のように針金で固定して這わせる「棚仕立て栽培」。風に強く、落果が防げることや、果実に均等に太陽の光を浴びせることができます。手入れや栽培に手間や時間がかかりますが、その分甘みが実全体に行き渡り、甘いラ・フランスが出来上がります。

また、化学肥料を一切使用せず、剪定した枝をチップにしたものや、刈り取った雑草を土にかえして肥料にしたり、農薬散布の防除も最小限にとどめるなど、安心・健康的なフルーツ作りに取り組んでいます。

平棚仕立てとは、針金等で平棚を張り、そこにラ・フランスの枝の一本一本を丁寧に誘引(結ぶ)し、樹全体のバランスと、一つ一つの果実に太陽光線が充分あたるように枝を整えた栽培法です。棚上に発生する徒長枝は、こまめにかきとるため園地は明るくすべての果実に充分に栄養が行きわたり、甘い果実が生産できます。

無袋栽培とは、字のとおり果実に袋をかけない栽培法です。太陽の恵みがいっぱいです。

棚仕立て・無袋で栽培されたラ・フランスは、果実が大きく、太陽光線を十分に浴びるため、果実表面はやや黄ばみ、サビ(日焼け)があるのが特徴です。他の青々としてきれいなラ・フランスに比べれば、美人ではありませんが、蔵王山麓にそそぐ太陽の恵みがいっぱいで、とても甘く、高貴な香りを含み、ラ・フランスのなかでも限定品です。

自然仕立てに比べ、手間や経費がかかり、収穫される量も少なくなりますが、美味しさを追求した自慢できる果実です。

入荷は、11月中旬から12月下旬までとなっています。

産地
山形県 JA上山(かみのやま)
品種
落葉果樹
保存方法
要冷蔵